「○○でないといけない」が与える弊害

この記事は約1分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

お知らせ
現在、先着50名様限定のメッセージプレゼント企画を開催しています!あなたを苦しめる『罪悪感』を変換する方法をお申込みくださったあなただけに無料でプレゼント❤️ぜひ、コチラから手に入れてくださいませ♪

あなたは
こういう自分でいないといけない
あんな自分ではいけない
自分はこうでなくては意味がない
なんて思っていたりしませんか?

それって・・・・
誰も頼んでいませんよ?
誰も喜びませんよ?
なにも生み出しませんよ?
はっきり申し上げて無駄ですよ。

もう一度言います。
無駄です!

あなたの貴重な時間とエネルギーが奪われ、さらに身体と心をすり減らします
それを続けるのはあなたの自由です。
でも、やめるのもあなたの自由です。
あなたは選べるし、選んでいい。
いえ、選んでください、あなたの意思で。

何もやりたくない、やりたいことが分からない
という気持ちになるのは当たり前です。
だって本当はやりたくない事をだましだましやっているんですから。
突然やめることは難しいと感じるかもしれません。
その場合は、
小さなことでもいいので「今、自分はなにをしたいのか?」を考え「休みたい・あれをしたい」等、選択して決めてください。

ポイントは、自分で選んで決めること。
そうすることで必ず抜け出せる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました