のんびりタイムを創出する


この記事は約3分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

いやぁー今日も寒いですね。
一番の寒波だとか!
宇都宮も-10℃とこれまで体験したのことの無い寒さです。
我が家ではなんと…ボイラーが壊れこの極寒のなか水しか出ないというアクシデントに見舞われております(笑)

そんな時に、戦線離脱をしている私です。

さて、本日も温泉へ♨
またしても雪の中温泉に来ております♡雪風呂最高☆
温泉に到着して考えてみたら、昨年も同じ日に同じ温泉にきてます。
やっぱり私には逃亡したくなるタイミングがあるようです(笑)

自慢じゃないが、私だって沢山逃げてきたのだ!
なぜか突然逃げたい!と思う事ありませんか?もちろん逃げても構いません♪でも、なぜ逃げたいのか?を考えるともっと楽になるかもしれません。

嫌なことがあったとかではなく頭の中を空っぽにしてぼけぇーっとボンヤリ・ノンビリする時間が必要になるんです。
この時間を作るのと作らないのでは全然違うのです。
後の活力が(笑)

 

あなたもそういう時間を作っていますか?
毎日、自分タイムを作っている私でさえ、定期的なメンテナンスタイムが必要になっているんですから!
絶対に必要ですよ。

 

このメンテナンスタイム(逃亡)をすることによって、私は周りにもメンテナンスタイムを心からオススメしてあげられるようになりました。

私たちは聖人じゃないんです。
自分が辛いのに人の事なんて心の底から大切に思えるわけない。
思えなくて当たり前なんです。

私の経験でいいますと、母がメンテナンスタイムを取れるようになりました。

私の母は、昔の人の考えを推奨しておりますので(笑)
女は…
家の事をしないといけない
旦那(男)の面倒はみなくてはいけない
頻繁に外出をしてはいけない 等に囚われていました。

 

それを私にも求めました。
で、私は「女は拘束されるもの」という『なんちゃって当たり前』を学習した大人に成長しております。

時は過ぎ(笑)

コーチング等を学ぶことにより、『当たり前』がないことを知ったり等々、私がどんどん自分を大切に(自分のやりたいように)することにより…
母も徐々に
「こうしたいと思っているんだけど、どうかな?」と言えるようなったんですね!

私は「いいんじゃない?!私はなにをすればいいの?」とお手伝いすることが出来ています。
もっともっと母には自由にやりたいことをやって欲しいです。
そしてもっと私がお手伝いする事が増えればいい。

 

人にお願いが出来ない人って、相手の↑「お手伝いしたい!」という気持ちが見えていないんですよね。
まっ私もそうでしたけど(笑)

あなたの周りの人も、あなたのお手伝いがしたいと思っています。
だからぜひ「こうしたいと思っているんだけど…」と伝えてみてはいかがでしょうか?
そして、小さなことからでいいので、やりたいと思ったことをやってみてくださいね。
怖くてもやってみれば、ぜーんぜん怖くなかったなんてよくある事です♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました