「ビッグマウス」と「セルフトーク」

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

お知らせ
現在、先着50名様限定のメッセージプレゼント企画を開催しています!あなたを苦しめる『罪悪感』を変換する方法をお申込みくださったあなただけに無料でプレゼント❤️ぜひ、コチラから手に入れてくださいませ♪

芸能人やプロスポーツ選手を見ていると、コーチング理論を活用している方が増えてきたように感じます。
コーチングと知ってか知らずか分かりませんが…

[この記事は法人サイトより移行してきたため、内容等お固めかもしれません]

ビッグマウスは自分に対しての言葉

例えば、あるプロサッカー選手
沢山の結果を出し続けている方でもあるのですが
サッカー以外でもマスコミに騒がれるときがあります。

それは
「ビッグマウス」
日本人である私たちは『謙虚』が美徳?になっているからか

「ビッグマウス」に対して反応し過ぎじゃないか?
と思ってしまうくらい過敏に反応しますよね。

勝ってから言え
可愛げがない
謙虚さがない
 等々

コーチング目線でみると

ですが
この選手の発言をコーチング目線でみると
対外的にいっているのではなく、
自分に言っているんですね。
「結果を出し続けることのできる自分なんだ」
「俺は誰よりも素晴らしいプレーができる」

ビックマウスというとあまりいい印象がありませんが
自分の能力を引き出すためのフレーズに過ぎないのです。

以前記事にしたように
セルフトーク」をコントロールしているのでしょう。

ビックマウス=こうなりたい自分

セルフトークをコントロールして
「こうなりたい自分」に変えていく

そうすることで
「こうなりたい自分」にむけて能力をフルに引き出ことができます。

あなたはどんな自分に変えていきますか?

タイトルとURLをコピーしました