誰かにお願いするのが苦手なあなたへ

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・

現在、このサイトをカスタマイズ中です。表示やリンクに不具合が出る場合があるかと思います。もう少々お待ちください〜

***

法人向けオフィシャルサイトから記事を移動してきています。新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグ更新記事から確認できます。
移動だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

あなたは仕事やプライベートで
誰かにお願いすることはできますか?
私は苦手でした(笑)
そんな方へ

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

こんな考え方しちゃうよね

抱えているお仕事
苦手な分野のもの
少し余裕が欲しいと思っている時
やればできるけど、辛いかもと思う

そんな時
自分がもう一人いたらいいのに
教える時間がもったいない
自分がやった方が早い
どうせ失敗するだろうから
どうせやってくれない(嫌がられる)

なんて思ってお願いできない事はありませんか?

実は損かも!

実は、この考え方は損をしているかもしれません。

誰かにお願いすることで
あなたが心も身体も楽になるのはもちろんですが…
あなたに余裕ができることで、
よりよいアイディアが浮かぶ
かもしれない。

さらに、
部下や同僚(上司)、家族にお願いすることは、
相手が出来ることが増えるだけでなく、
知識を得る
事にもなります。

そんなわけないよ〜って思うかもですが…
本当なんです。

相手にとって何がきっかけになるか分かりませんよね。
そんな機会をぜひプレゼントしてはいかがでしょうか?

一人で大変な思いをしなくていいんだよ

全部あなたが抱える必要はありません。

あなたが楽になる事で、周りの人も楽になります。
あなたの周りの方は
あなたのお役にたつ方法が分からないから
何も言えないのかもしれませんよ。

「こうして欲しい」
「これをお願いしたい」

ぜひ、そのままの気持ちで伝えてみて下さいね。

タイトルとURLをコピーしました