「あたり前」の呪縛①言い訳しないとやりたくない

この記事は約1分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

お知らせ
現在、先着50名様限定のメッセージプレゼント企画を開催しています!あなたを苦しめる『罪悪感』を変換する方法をお申込みくださったあなただけに無料でプレゼント❤️ぜひ、コチラから手に入れてくださいませ♪

私たちは、この「あたり前」という言葉を使うこと多いですよね。

大人なんだからあたり前でしょ
女(男)なんだから…
社会人なら…等々

この言葉に必ず付くと思われるのは
「我慢するのは」「やりたくなくてもやるのは」
ですよね。

 

この「あたり前」に隠れているものって
みんなもそうなんだから、自分も(我慢)しないといけない。
っていう束縛。

 

そもそも「しないといけない」と思っている時点でやりたくなことという事ですよね。
「あたり前」という言い訳を付けないとやれない(やりたくない)事とも言えます。

 

 

自分が「あたり前」だと思いながらやっている事ちょっとずつ減らしていきませんか?
無意識に自分を縛るものを外していくだけで、見えるものがある。
と私は思います。

 

私も見えるものが変わりましたので、おすすめです。
もちろん、「好きだからやる」ならいいと思いますが。

実は、この「あたり前」にはもう一つの側面があって「あたり前」を自分以外に使ったときは違います。

それについては、長くなりそうなので次回に

「あたり前」の呪縛②期待と依存
前回の「あたり前」のもう一つの側面、「あたり前」を自分以外に使ったときです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました