誰かにできることは“あなた”もできる

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了し、こちらから確認できるようになりました。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

私たちは、欲しいものを手に入れている人に対して羨望や憧れをいだきますよね。
でも、「自分にはできないだろう」と諦めてしまっていませんか?

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

今週はコーチング強化週間として、毎日記事を掲載していきたいと思っています。

“諦め”が原因で見えにくくなる

私たちは、
欲しいものを手に入れている人に対して羨望や憧れをいだきますよね。

自分もああなりたいな
自分も手に入れたいな

あなただったら、その次に思うことはどんなことでしょう。

○○さんだからできるんだ
大変な思いをしないとできないんだろう
自分はそんな○○(才能、知識、お金等)もっていないから
もしかしたらズルをしているのかも

もし
こんな考えがでてきてしまったらあなた自身が、
できなくて・手に入れられなくてあたり前なんだ
思ってしまっていることで
見えなくなっているモノがあるのかもしれません。

それが原因で、
手に入れにくくなっているだけです。

これは
自分が「そうだと思っている(思いこんでいる)モノ」しか
認識できないという脳の仕組み
あるからです。

脳の仕組みを攻略すれば手に入る

と、いうことは、
この脳の仕組みを攻略していけば
あなたが

こうなりたい
できるようになりたい
手に入れたい

と思うことを、できる・手に入れられるということですよね。

誰かにできることは、あなたにもできる。
でも、この仕組みを知らなければ
あなたが出来ることは、
誰もが出来ることじゃないのかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました