自由の段階


この記事は約2分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

さて、今回は「自由」ということについて
温泉に入りながら、いろいろ話をしながら思ったことなのですが、
私も随分自由人になってきたなと。
まだまだだなとも思っていますけど(笑)

 

実は、今週は月曜からほとんどパソコンを触りませんでした。
更新はこちらもofficialも予約投稿です。
その間、旅行に行ったり、DVDをみたり、のんびりしていました。
暴飲暴食をしていたため、ややお肌と胃の調子が悪いことについて反省中です(笑)
パソコンは本当に使わなかったですね。本当に久しぶりです。
まぁこのブログのデザインやより見やすい方法を模索したりということはしましたけど。
これまでも見えない改良はしていいるのですが、近々こちらのブログのデザインが大きく変わるかもしれません。
coming soonになったら「また混乱しておる」と優しく見守ってください(笑)
お泊りしたホテルはまたご紹介しますね。

 

 

そもそも『自由』とはなにか
会社勤めをしていないこと?
自分に余裕があること?
やりたいことをやれること?

自由は「Freedom」と「Liberty」と訳されますよね。
私のイメージは、
『拘束されているところからの自由』というマイナスからゼロが「フリーダム」
『本当に自分の求めるものを探す自由』というゼロからプラスへが「リバティ」

「マイナスをゼロにしてからじゃないとプラスにいけない」
「ずっとゼロかプラスじゃないとだめ」
ってことでは全然なくて
自由とは
今、自分がどこ(マイナス・ゼロ・プラス)にいるのか
自分がどこにいたいと思っているのかを
理解しておくこと。
そして、そこにいること(いると決めること)。
なのではないかと。

よく分からなくなってきましたが(笑)
「私はネガティブでダメだ」という場合
まず考えるべきは、
マイナスにいてダメな自分だぁ~ではなくて、
「自分は【そこ】にいたいのか?」
もちろん、「いたくない」
「じゃあ【どこ】にいたいと思っているの?」を
決めましょうよ、向かいましょうよ という
『【自分のいる場所】を、知ること決めること』が自由なのではないかと思っています。

ですので、
こういうのが自由という決まった自由とか、
△△をやめて、○○してから、××して等という段階があるのではなく
自由は気が付いた人から、決めた人からなれるってことなんです。

うーん、今回も分かりやすかった(←自己満足)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました