自分の弱さを痛感する出来事があったなら

この記事は約1分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了し、こちらから確認できるようになりました。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

「どうして自分はこんなに弱いんだろう」じゃなくて「自分は弱い」でいいんです。
自分の弱さを認めることで、誰かの弱さを許すことができます。

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

どんな時に弱さを感じる?

あなたは自分の弱さを感じるのはどんなときですか?
たとえば

強く言われると流されてしまう
人に言われたことを引きずってしまう
失敗を恐れ挑戦できない 

人それぞれあると思います。

そんなとき
「自分はダメだなぁ」と思ってしまっていませんか?

弱さを痛感した時は

自分の弱さを痛感する時
そんな時は「自分は弱い」と認めてしまいましょう

自分が弱いを認めてしまうと驚く程余裕ができます。

隠そうとしていると
隠しているものが見えそうなると怖くて
虚勢を張ったり
逃げたり
嘘をついたり
人を陥れたり…

しなくていい事をしてしまいます。

私たちは弱い生き物です。
あなたも弱い。
あなたの周りも弱い。
自分が弱いと認めると、あなたの周りの人も弱いという事を許せますよね。

自分の弱さを感じる出来事があったら
自分は弱い、
誰かの助けが必要だと認め
相手の弱さも許し、手を差し伸べる
タイミングなのかもしれませんね。

あっもちろん、
手を差し伸べるのは差し伸べたい時でいいんですよ。
落ち着いたら、余裕ができたら、やりたくなったら・・・で
OK!です⭐︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました