“逃げる”選択を恐れないで!でも、怖くてたまらないなら・・・

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了し、こちらから確認できるようになりました。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

辛い、、
いや、頑張らなくては!
でも、辛いし、疲れてしまった。
でもでも、、、

この記事はAmebloにも引用で掲載しています

簡潔にまとめると

もうなんだか疲れてしまった。

そんな時…あなたが“辛い”と思う
場所、環境、人等から、一度離れるという選択肢がある

という事を忘れないでくださいね。

でも、逃げるなんて…と思う場合

その行動が“どんな言葉”ならいいのか考えてみて!

ちょっと詳しく

頑張り屋さんは

もう少し経てば楽になるはずだ。
他の人に迷惑をかけてはいけない。
自分が我慢すればいいんだ。

なんて思って、疲れ切ってしまうのです。

あなた自身に鞭打ち続けることは避けていただきたいです。

こんな風にお伝えすると、

『逃げる様で嫌だ』

なんて言って頑張り続けようとする方も多い。

私は“逃げる”選択も必要だと思います。

でも、嫌だと思っていることを無理にしても、
いい方向に向かない事も確か。

じゃあ、どうすればいいのか?

逃げるのが嫌なら

一時休戦・離脱・回避・脱出・すり抜ける・掻い潜る・中止・保留・休息・休憩・エスケープ・英気を養う・リフレッシュ・回復・充電・骨休め

色々な言葉があります。
あなたがこれならいいかなって言葉はありますか?

そんな言葉を変えたくらいでバカバカしい!
なんて思いますよね。

ですが!

たかが言葉と思いがちですが
私たち人間は“言葉”に縛られる生き物なので、効果ありでございます!

例えば、
『逃げる』というと何だか罪悪感があるけど・・・『英気を養う』なら安心して休めそう。

というように
あなたが気楽に自分を休ませられる言葉を見つけ出し、
その言葉を使ってあなたを休ませてあげて下さい。

騙されたと思って是非お試しください。
思った以上の効果がありますよ。

言葉遊びを楽しみながら、あなたを癒してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました