エフィカシーとはなにか

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了し、こちらから確認できるようになりました。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

記事タイトルをみて驚きの方もいらっしゃるでしょう(笑)
これまでコーチングブログにもかいていたのにね(遠い目)

そう、今回はエフィカシーについて腑に落ちたことを・・・
今更エフィカシーかい!という気持ちもあるのですが。

 

エフィカシーとは
自己効力感自己肯定感と訳されております。
簡単に言えば
自分の能力に対する自分の評価

と、数日前まで思っておりました。(ブログにも書いているしね)

 

違うのですよ!イヤ、違かったのです!!

エフィカシーとは
「欲しい未来(ゴール)を得られる」という自分の能力に対する自己評価
なんだかよくわからんが

自分が求めるゴールをこの私なら手に入れられるに決まっとるがな

という自分の評価であり、効力感であり、肯定感をエフィカシーというのです。

先ほどの
自分の能力に対する自分の評価であったら
どこかに「高い・低い」を判断する『モノサシ』が必要になりますよね。

そんなの必要なくって、自分が自分を
「どんなに遠くのゴールだって手に入れちゃうのさ、この子は!やるね!」
と思えることが必要ということなんだと。

 

一見同じように思えるのですが
より自分への信頼感が増しているように思います。
自分の自己評価が昨日(過去、他人等)より高い!
なんてことじゃなくて

「自分が定めた想像もできないゴール」でも簡単に手に入れてしまう自分!
ってことなんだわー
そもそも、自分以外の他人が入る余地がないんだわ。

 

これか・・・最近の違和感は。
なんとなくエフィカシーが説明しにくかったんだよね(笑)
エフィカシーが過去を向いてましたね・・・だめじゃん
でもやはり分かりにくいので、セミナー等での最初の説明はこれまでと一緒でいいのでしょうね。
あーすっきりした❤

ですので、皆様にシェア~分かっとるわ!って感じかしら(笑)

『自信』とコーチングでよく言われる『エフィカシー』の違い
コーチングをお伝えしていく上で よくご質問をいただく、 「エフィカシーは自信の事ですか?どう違いますか?」という事について。

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました