どうして自分ばかり辛い思いをしなくてはならないのか

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

自分はいつも辛い思いをする羽目になる。
どうして!?

なーんて思っているあなたへ

ミチもこんな風に思っていたから、よ〜く気持ちはわかる

なぜこんな風に思ってしまうのか
それは

今回の盾と矛

自分に起こる『良いことは当たり前』で、『悪いことには不平不満ばかり』だから

いつもと同じ&いい出来事を当たり前って思うところからあなたの辛さが始まるんだよ

この考えだと
いい出来事は頭に残らず
悪い出来事ばかりが頭に残る
ことになります。

良いことは当たり前すぎて意識していないんだもの…記憶に残るはずない

そりゃ自分ばかり辛い思いをしている
周りはあんなに楽しそうなのに…
ってなるのは当然ですよね
記憶にないんだもん。

では、どうすればいいのでしょうか?

自分は辛い思いばかりじゃないって
思い直す(気が付く)には…

当たり前として受け取っていた毎日の出来事をひとつひとつ見ていく

のが早道!

よく言われる『感謝する』って↑のようなことなんだよね!
感謝しなくてもいいから『当たり前として流していた出来事』をみていこう

感謝なんてできない?

しなくていいです。
あなたが良い出来事に囲まれていることに
気がつけばいいだけなんですから☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました