「自分なんて」から「オリジナルの個性」へ


この記事は約2分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

苦手な人や自分の嫌いなところを好きになる。

って難しいですよね。
でも、それは「個性」なんだと思うとちょっとは気楽に付き合えそうですよね。

 

今日は水瓶座新月です。
今年最初の新月でもありますし、全惑星が順行している時期というのもあいまって、何だかパワフルらしいです(笑)

皆さんって水瓶座の印象はどんなものをお持ちですか?

私は、「苦手なヒト」でしたね~
迎合しないというか…

自分の考えを貫き通す、こだわりがある人


「なんでみんなと一緒の事ができなのか?」って思っていました。

でも、自分の考えを貫ける強さを持っている人なんですよね。
私は憧れていたのだろうな~と思います。

そして、
魚座の私は柔軟に受け止められる強さを持っている。
まぁ星座にこだわるつもりは無いのですが、

誰もがその人にしかないオリジナルの個性(強さ)を持っていて素晴らしい

って事なんですけどね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ何だか色々書いてますが…結局星座とか関係なく(笑)

 

自分の事を知る事でもれなく他の人を理解できるようになるということです!
自分の事を理解していないと周りの人の事なんか理解できるはずがありません。

「あの人理解できない!」という他人に対するネガティブをもっている場合…
実は、理解できていないのは自分の事かもしれません。

「私はこういう人間だ!」という思い込みから飛び出してみませんか?

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました