周りの人に信頼されたい時のポイント

この記事は約1分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

この記事は、他の場所に毎日掲載していた『失敗事例集(ビターなアクシデント)』で、こちらに移行してきた記事です。そのため他の記事と掲載方法等が違います。


たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開く
あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

あの人に信頼されたい
でも
どうしたらいいのか分からない!

そんな時のポイントはこちらっ

今回の盾と矛

あなたの尺度で相手の考えをジャッジしない

やりやすい失敗No.1だね〜
もちろん、ミチもやりまくった

これをしてしまうと
あなたのことを知ってもらう前に
引かれます
(笑)

これだけでも気をつければ
大丈夫ってくらい!
信頼関係を築くのに
&
好意を持ってもらうのに
重要なポイント

違う考えがあるのは
当たり前

そして
相手の考えを知るのは
あなたを守ることにも繋がる

相手を見極めるタイミングでもある!
変な人なら親しくなる前に退散だ〜

普通に考えれば、こちらの考えを聞いてもくれない人に良い印象はもたないよねぇ

自信がなかったミチは、自分のことを知ってほしくって相手の考えをジャッジ(ダメ出し)しちゃってたんだよね。
相手を否定するつもりなんてなかったんだけど・・・ただ聞いているだけでよかったんだよねぇ

コメント

タイトルとURLをコピーしました