一人ひとりが主人公になるために

コーチ兼カウンセラーのみちです。
いつもありがとうございます。

 

 

物語の主人公はたった一人ですが、この私たちのいる世界の主人公って生き物の数だけいるんですよね。
それを忘れたくないって思うのです。
一命一命が貴重で大切で

自分の子供だから
嫌いだから
言葉が通じないから
違う国だから
人間じゃないから

って侵してはいけないって思います。
まっそんな大したことをここで言うつもりは無くてですね(笑)

自分以外を自分の物語の主人公にしてはいけない
自分の物語以外の主人公になってはいけない

っていうことをお伝えしたいなと思っての記事なんです(笑)

 

☆自分以外を自分の物語の主人公にしてはいけない
っていうのは

決定権を他人にゆだねない
自分で決めて、自分で責任をもつ

怖い事でもあるのですが、「自分がやりたいからやる」
何かあっても
「やりたいからやった結果がそれ」でいいのではないかと

自分で決定しないと、何かあったときに他の人の所為にしてしまって、怒り、妬み、恨みっていう必要ない感情が出ちゃいますしね。
人の所為にしているので、自分の成長の機会を失ってしまいますし・・・
モッタイナイ

 

続いて
☆自分の物語以外の主人公になってはいけない
っていうのは

もっと良くなるのにっていう気持ちがあっても
相手の考えや思いを否定したりして
自分のいいようにしない

先ほどの自分以外を・・・と反対で、やってあげたと思っていても、
相手が、怒り、妬み、恨みっていう感情をもってしまうかもしれない。
相手の成長の機会を奪ってしまっているのかもしれない。
ってかなーりモッタイナイ!

これこそ
骨折り損のくたびれ儲け
ってや つですね????

 

☆自分以外を自分の物語の主人公にしてはいけない
☆自分の物語以外の主人公になってはいけない

をしないために、
自分を、相手を、認めてあげる
って事だとおもいます。

失敗しても大丈夫、大変でも大丈夫
私なんだから、あなたなんだから

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました