辛さ・苦しさがあるから『むくわれる』?

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了しました!新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグから確認できます。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

「辛さがあるから・・・」という考え方をコーチングでみていきます。

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

辛さがあるから頑張れる人はいいけど

辛い状況にある時
「この辛さがあるから、喜びが大きくなる・成長できる」
ということをよく聞きますよね。
こう思うことでエネルギーが湧いてくる方はそれでいいと思います。

ですが、そう思えない場合もありますよね。

私は『辛さ』に喜びを見出せません。
正直に申し上げて無理(笑)

そんな私のような方もいると思うのです。

その辛さって必要?

この辛さは超えないといけないのか?を考えてみてはどうでしょうか

試練を「壁」とよく例えますが
壁の先にいくにも
よじ登る・梯子をかける・壊す・迂回する・下に穴をあける・戻る 等の方法がありますよね。

そもそも、
この試練に立ち向かうため方法はひとつなのか?
この試練に一人で立ち向かうべきなのか?
この試練に立ち向かうべきなのか?

沢山の道があるはずです。
その沢山あるものからあなたが選んでいいんです。

立ち向かいたい?

選択する時に考えていただきたいのが
あなたがその試練に立ち向かいたいのか?という事です。

今はそんな気力は無い
この試練は自分に必要ない
手伝って欲しい
と思っているのに・・・

誰かの目を気にして
一人でやらなくてはいけない
負けたくない
なんて思っていると、あなたの頭(脳)は自由に考えることができなくなり、あなたに必要な答えが出にくくなります。

辛さを感じないと上手くいかない・成功しないなんてことはありませんし、あなた自身を追い詰める必要はありません

ぜひ沢山の道の中から、あなたが今選択したい道を選んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました