「あの人は自分とは違う」に隠れている気持ち

この記事は約1分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了しました!新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグから確認できます。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

「あの人は自分と違うから〇〇なんだ」と思うことはありませんか?
もちろん私もありました。
このような言葉に隠れている気持ちとは?

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

あの人は特別だから

私たちは

憧れる人
人気がある人
儲けている人
自分の上に立つ人達
 は

才能やお金があったんだ
時代や時期がよかったのだ
調子が良くて要領がいいのだ
大変な思いをしたことがないだろう(又は、してきた)
辛い思いや努力をしてこなかったのだろう(又は、してきた)
 と

自分とは違うのだと思いがちです。

だから自分はこれでいい

その後ろ側には、
自分がその人と違う理由を見つけ出して
「だから自分はできないんだ」
「できなくていいんだ」

という気持ちが隠れています。

もっと貪欲になろう

その方達も
私たちと同じように苦しみ悩んでいたはずです。

そしてその中で一歩ずつ進み、手に入れてきました。
ですから
あなたも「こうなりたい」というものをつかむことができます。

自分とは違う」と思っている人からヒントが得られるかもしれない。
もしかしたら、もう手にしているかもしれない。

できない自分でいることを諦めよう

あなたはもっと貪欲であっていい。
あなたはもっと気づいていい。

「出来ない自分だと思い込んでいるあなた」で居続けること
そろそろ諦めませんか?

タイトルとURLをコピーしました