自分の価値&評価を自分で下げる仕組みとは

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了し、こちらから確認できるようになりました。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

「どうして自分は失敗ばかりなんだ」なんて口癖のように言っていませんか?!
実はそれ、失敗をあなた自身が引き寄せてます。
でも大丈夫!そうなる仕組みを知っておけば。

[この記事は法人サイトより移行してきたため、内容等お固めかもしれません]

こんなこと言ってない?

クライアント様とお話しすると必ずといっていいほど出てくる

「私は○○なので・・・(ダメなんです)」
「私はいつも上手くいかないんです」

という、自分を下げる言葉(セルフトーク)
聞くたび「もったいなーい」と思ってしまいます。

皆さまもいかがでしょうか?
言葉に出さなくても

「あー明日会社行くの嫌だな」
「どうして自分は失敗ばかりなんだ」

なんて思っていませんか?

実は、この自分に対してのネガティブな言葉・・・自分に刷り込んでいます。

実は自分で刷り込んでいる

無意識とは恐ろしいもので、
繰り返されれば繰り返されるほど、
そして、
それがネガティブなものであるほど…
自分に刷り込みそれが正しい自分だと思ってしまう
のです!

さらに・・・
ネガティブにアンテナが立っているので、「ネガティブ」なものしか認識できなくなるという・・・

ネガティブな言葉というのは
二重三重にもネガティブを引き寄せる
ものだと知っていだきたいです。

じゃあ、どうすればいいの?

ですので、気休めだと思わず

「明日は楽しい日になるぞー」
「(失敗したけど)これを活かしてさらに成長する私!」

やってしまったことは仕方がない!
繰り返さないように原因を見つけたら
「こうやったらこうなる」という現象だけを覚えて、自分が失敗したという結果は忘れましょう。
失敗で自己評価を下げてしまうなら、そんな情報はいりません!

そんな不真面目な!って思いますか?
必要なのは、失敗をしない事じゃないんです。

自己評価を下げずに(高く保ち)目的地に向かって前に進む事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました