「何を言いたいのか分からない」って言われることが多いあなたへ

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

「何がいいたのか分からない」

なんて言われたことありませんか?
そんな時は、、、
悲しむ必要なし!言う順番を変えればいいだけですよ。

この記事は他サイトでも引用し掲載しています

簡単にまとめると

仕事でもプライベートでも、一生懸命話しているのに、、
「なにがいいたいの?」
「で?」
なんて言われて、、、

もう誰とも話したくない!
どうせ私の事なんて分かってくれないんだ!

と、思ってしまったりしていませんか?
良くありますよね。

そんな時は…

一番言いたいことを最初に言う

例えば、

「今日はカレーがいい」
「今日は残業できません」

そして、次にその理由を添えるだけでいい♪
必要であれば!

ちょっと詳しく

私たちは集中力が続かない

一番言いたいことを、一番最初に言う!

なぜかと言いますと、
人間は集中が持続する時間がすっごく短いんです。
人の話を聞く余裕がないんですね~

なのに!
私たちは、理由を先に言ってしまいがちなんです。

「最近食べてないから」
「毎日残業していると疲れてしまうので」等々

この理由を沢山言ってしまうので、
一番言いたいことを相手の集中が切れた頃に言う事になるから
「なにを言っているか分からない」と言われちゃう(笑)

たったそれだけ。


最初の一番集中している(人の話を聞く余裕のある)時に、こちらの言いたいことをいうのが相手からすると分かりやすいんです。

これは、脳の仕組みなので仕方がない。

ネガティブに捉えなくていい

と、いうことですので

あなたの伝え方がマズイ

とか

選択した言葉がマズイ

とか

あなたを理解しようとしていない

ってことではないんです!
ご安心くださいね!

あなたのご意見・ご感想をお待ちしております☆
今日も明日もいい日になりますよ。

さいごにお知らせ
私高橋みちは、提供できる人が少ない『心理カウンセリング』と『コーチング』をあわせたカウンセリングを得意としています。
これまでのカウンセリングに満足できなかった方!カウンセリングは初めてだけど現状から抜け出したいと思っている方!お待ちしております♪お申し込みはこちら
カウンセラー兼コーチ 高橋みち
このサイトの管理人

フリーター、契約・派遣社員を経験後、上場企業の経営企画部門で勤務。12年間勤務し、2016年にカウンセラー兼コーチとして独立。
現在、栃木県宇都宮市を中心に複数社の法人コーチとして活動しながら、働く方専用カウンセラー兼コーチとして個人のクライアント様の"今を変える"バックアップをしている。
さらに、セミナーを定期的に実施し、コーチングを広める活動をしている。
好きなものは、猫、玉置さん(安全地帯)、温泉、旅行、自然、柑橘系
詳しいプロフィールはこちら

カウンセラー兼コーチ 高橋みちをフォローする
人との縁に疲れないコツ
今までどおりが嫌な人の『方法論』

コメント

タイトルとURLをコピーしました