「身の丈にあわない」いつの?だれの?


この記事は約2分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

「会社を辞めたなら、身の丈にあった生活をしないとね!」
と…言われたことがあります。

これは誰の身の丈でしょうか?

 

「…?みのたけ?160㎝ありませんけど…」
っていうのは冗談で(笑)
最初は、何を言われているのか分かりませんでした。

まぁ要約すると

「働かざる者、金をつかうべからず」

「身の丈にあう生活」

それって、
私の今の生活を指して言っているかもしれないけど、
実は、言った人の未来の生活を指しちゃってます。

うーん、こういう考え方モッタイナイ!

 

確かにこういう考え方も分かります。

昔の私ならそう思っていたでしょう。
ですが、
他人に言っているつもりでも、自分に言い聞かせているんですね。

 

会社を辞めた人間は、自由にお金を使ったり、遊んではいられない。
会社を辞めるなんて信じられない!

会社を辞めたらお金を使えない。
会社を辞めたらお金が入らない。
だからなにがあっても会社を辞められない!
どんなに辛くたって会社に嚙り付かねば!

 

という感じでしょうか…

これじゃ会社に行ったり仕事をするのを楽しめない。
苦痛になってしまいます。
本当にネガティブスパイラルですよね。

会社にいても、辞めても楽しい、楽しむことができる。
そんな風に考えましょ☆

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました