コロナショックを乗り切るための3つの必須ポイント☆

この記事は約6分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

コロナショックを乗り切るために
あなたにお願いしたい
3つのポイント!

まっとりあえず、これにご注意いただければ!

簡潔にまとめると

もうこの関連の話は聞きたくないっ!
って方もいらっしゃるのでは?

うんうん、分かるわぁ(>_<)

そんなあなたに
今を乗り切るために
お願いしたいポイントを3つだけ
お伝えしたい。

あとはいいから!!

 

こういうときは…
『疲れやすい』と知っておいて!
アルコールの量が増えやすいから注意!
長く続くと思っておいて損はない!

 

この3っだよ!!
あとは気楽に、のんびり、粛々と、淡々と過ごそう。

ちょっと詳しく

続々と伝えられる沢山の情報に辟易している方も多いと思います。
でも、見ない訳にはいかない!
それにテレビもネットもSNSもそんな話ばっかりだし!

そうですよねぇ分かるわ。

でも、今私たちに必要な情報って
手洗い、マスク、ステイホームが重要ヨ!
って事だけなんですよね。

 

正直、今日の感染者は~とか、、
休業手当が~とか、、
ってあんまり関係ない。

もちろん、
国の動きを知っておくっていうのも大切なんだけど、、
今じゃないんだよ。
この一週間がそれで変わるかって、変わらないし、
残念ながら給付についても今!ってことじゃない。
だって今すぐもらえないし!

今は自分のメンテナンスに目を向けた方がいい時期なんですよ~
すべてはそれから。

 

この感染症と前線で戦ってくれている
医療関係者、介護、保育、物流、その他の方々の負担を減らす
ためにも、
今私たちにできるのは
自分がうつらないように、うつさないように注意して、自分を整える。
って事だと思います。

 

さて、前段がながくなってしまいましたが、
今を乗り切るために
お願いしたいポイント3つ

①疲れやすいのよ

店先に張り出されている紙
スーパーの様子や人のいない街中
ニュースではオンライン解説者
世界中で感じる停滞感
これからどうなるのか・・・

テレビとかネット以外でも

ネガティブな情報
いつもと違う環境
先が見えない状況

が、どこにいっても付いて回りますよね。

そう!
現在は私たち人間にとって
ネガティブいつもと違う見通しがつかない
そして、駄目押しの
これまでなかった

っていう
ストレスを感じる事案のオンパレード(笑)

笑い事じゃないんだけどね(*’ω’*)テヘ

 

だ・か・ら!!
疲れて当たり前なのですよ。
っていうか、疲れないとおかしい(笑)

と、いうことは、休まないとね

いつもより休まないとダメよってことですの。
いつもより
自分に優しくしてあげないとダメですってことでございますのよ。

 

こういう時期は疲れやすいってことを知って

無理をしないようにしよう。
早めに休もう。
自分の時間を作ろう。

でございます♪

知らないと注意出来ないでしょう?

②アルコールに手が伸びる

アルコールの量が増えないように注意していただきたい。
※アルコールだけでなく、刺激物(味の濃い物、甘い物、ショッピング・ギャンブル等)含む

これね・・・ホントそうなの(笑)

外で飲まなくなった分だ!とか
昼間から飲めるのはこの機会しかない!とか
なんとな~く増えててぇ!
なんだか気が滅入って…とかとか

あるのでは?

単純に量が増えるだけでなく
●今まで飲まなかった人が飲み始める
●アルコール度数の高いお酒を選択する
と、いうこともありますので、ご注意を。

なぜダメなのか?

身体に悪いからってことではあるのですが(笑)

深酒をすると
眠りが浅くなってしまう➡翌日に疲れが残る
睡眠不足➡心と身体の健康に良くない

と、いつも言われる事とともに、、、

今の時期は、いつもよりさらに~
肝臓に優しい生活をしていただきたいのです。

肝臓の免疫細胞の為に!!
私たちが戦っているのは感染症ですので、
侵入してきた敵と戦ってくれる免疫様々です。
ありがたや☆

 

肝臓に関しては
法人&ビジネス向け公式サイトの記事で
軽く触れているので、こちらもどうぞ♪

気分をあげる習慣
無理をするのはオススメしませんが、うつうつした気分は嫌!という場合は、「気分をあげる習慣」も取り入れていただければと思います。

③長く続くと考えておく

今回、この記事を書こうと思った大きな理由がこれ。

ここまで、
1,500文字書いてる人間が良く言うって言わないで(笑)
だってぇお伝えしたことがあり過ぎて

希望的観測をやめよう!

ネガティブになれって言っているのではなく、
希望的観測をやめて欲しいの。

希望的観測とは?
Google先生より↓

証拠や合理性ではなく、「そうあって欲しい」とか「そうだったらいいな」という希望に影響されて判断を行うことをいう。

 

今回でいえば、
「緊急事態宣言が解除されるまでの我慢」
「緊急事態宣言が延長されても2週間だろう」
「コロナが落ち着けば前の生活に戻れる」
「ちょっと経済が混乱するだろうけど大丈夫だろう」
「ワクチンができれば安心だ」

っていうような、なんの根拠もなく
~になるだろう!っていう考え方は危険です。

どうして??ポジティブっていうじゃない!

ネガティブよりポジティブの方がいいでしょ?!
うんうん、そうだよね。

でも、
こういう私たちにはどうしようもない時・・・
例えば、今回のような感染症、災害など

もう少し頑張れば!
あと一か月経てば!

っていう気持ちでいると…

駄目だったとき
※そもそも希望的観測だから、駄目なことが多い
私たちの心に大きなダメージを与える

希望(期待)が失望(落胆)になり、
私たちは気力を失ってしまうんですね。

気力を失うと身体にも影響が出てきてしまうので、、
本当に気をつけたいポイントです。

だったらどう考えたらいいの?

ポジティブが駄目、ならネガティブが良いの??
いやいや、それもオススメはできません。

ポジティブもネガティブも駄目ってどうしたらいいのよ??
って思いますでしょ?
私も思う(笑)

 

じゃあ、どんな風に考えるべきなのか?

今の感染症への対策はきちんとしつつ、
1週間後や1か月後をみるのではなく、
もっと先(2年後、3年後など)に思いをはせる。

今は、できること、やれることを、ただ粛々と淡々と

 
不安の対策については、
これまでも記事にしているのでそちらをどうぞ
"今"に安心したいなら~不安を変えるために必要なたった一つのこと~
様々な情報と周りの状況に不安が大きくなっている そんな方も多いのではないでしょうか? こんな時にどうしたら安心できるの?? そんな時に使える"たったひとつ"のことお伝えします。

長い戦いだからこそ

歴史を振り返ってみても、識者の考えでも
コロナショックは長く続くでしょう。
そう考えるのがベストだと私は思っています。

すぐに終息し、経済も元に戻るなら
とても良いことですが、
それが確定するまでは、警戒するに越したことはないんです。

心のためにも、身体のためにも。

最後に

今の環境が
あなたの心と身体に与える影響が大きい
という事を認識してください。

疲れるのはあなたに問題があるからじゃない。
もっと頑張らないとなんて思わないで。

今は粛々と淡々と
気力を醸成しつつ蓄える時期です。

いい塩梅でいきましょ☆

 

この記事は、
私の伺っている法人先でお伝えした内容です。
にもかかわらず、難産でした(笑)

最近は、記事が難産傾向で( ;∀;)
途中のモノが多いです。
いただいているご質問の内容でもあるので、サクサク上げていきたいのですが、、、
まぁ頑張ります。

分かりにくいところがあれば、ご質問ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました