“今”に安心したいなら~不安を変えるために必要なたった一つのこと~


この記事は約4分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

様々な情報と周りの状況に不安が大きくなっている

そんな方も多いのではないでしょうか?
こんな時にどうしたら安心できるの??

そんな時に使える”たったひとつ”のことお伝えします。

この記事はAmebloにも引用で掲載しています

簡潔にまとめると

少し落ち着いてきたという情報や
まだまだだという情報
読めない時期です。

 

こんな時は本当に落ち着かないですよね。
ストレスも溜まりますし…
うんうん当たり前です。

こんな時どうすれば安心できるのでしょうか?

不安の根っこを探しだす

自分がなにに恐れているのか?を考えてしまいましょう。

そうすれば、
あなたの『安心』に繋がる正しい行動ができますよ。

ちょっと詳しく

不安が私たちを行動させる

以前の記事

噂の「一般的な“普通の男”」一覧をつくった目的とは?☆不安の構造
ここ数日騒がれている 「一般的な“普通の男”」一覧?が面白いので、ネタにしてみました。 こういう一覧をつくる目的って何なのでしょう。

でも書いていますが…

私たちは不安を煽られると『安心』するための行動を起こします。
※力強く・なによりも優先する

 

そんなの当たり前でしょ?!

って思うでしょうが、、
不安を煽ってきた情報が正しい正しくない問わずって所が問題なんです。

不安に思っている時は
情報の正誤なんて関係なく

安心するための材料を得るために
なにかを買ったり、更なる情報を探したりという
様々な行動を起こします。

通常よりも!
これは私たちが持っている本能なので仕方がない( ;∀;)

買いだめが発生した理由

少し前にあった『買いだめ』とかもこの行動のひとつですよね。
その商品が家にあってもなくても不安になっちゃう。

該当していなければ、該当していない事への不安が煽れ、
該当していれば、該当しなくなってしまう事への不安が煽れます。

↑の記事より抜粋

だから無我夢中で安心(今回はペーパー類)を買いに走る。
あるだけ買いたくなるし、
その人にとって邪魔するような人(店員さんや他のお客さま)に攻撃的になる。

ホント、私たちにとって不安が与える影響って大きいですよね。
いやぁ本能には逆らえませんよ

その行動では『安心』は買えない

買いだめしても不安はなくならない

私たちは、
不安だから安心を得るために行動する(お金を使う)
とお伝えしました。

しかし、残念なことに
(ペーパー類を)買いだめしても安心には繋がらないんです。

もちろん
紙が無くなる!!
っていうその時の不安はなくなったでしょうけど…

根本的な不安は無くなってない

私たちが感じている『不安』は紙があればいいのか?
って考えると違いますよね。

性別、年齢、住んでいる場所、
家族構成、会社、働き方などなど
みんな違います。

そんな中で、
なにかがあって安心する人と
そのなにかじゃ安心できない人がいるはずですよね。

 

それなのに
違う環境の人と同じものを同じだけ得ても不安は無くならない。

根本的な不安が残ったままなので
続々と発信される
「あれがなんだ」「これがなんだ」
っていう情報に左右されちゃう。
から
余計怖いし
余計不安になる。

っていうネガティブスパイラル!!
おぉぅ( ゚Д゚)マジかー

安心するために必要なたったひとつのこと

では、どうするか?!です。

まず『安心』する何かを買いに行くにも…

なにがあれば自分は安心なのか?を知らないと買いに行けません。

ここが今回のポイント

そうです!
安心するために、たったひとつのことは

自分は何を得れば安心か?を自分の中から見つけだすこと

 

知らないと
余計な物を買って

お金と時間と(置く)場所を失い
かつ
不安はそのまま

おぅ(>_<)ツライ

根っこの探し方

ぜひ自分に問いかけてみてください。

自分はどうなることが嫌なのか?怖いのか?

そして

その嫌なこと、怖いことを乗り越えるために何が必要なのか?

なにが必要か家族と話し合うことで不安が解消された!
なんてお話もお聞きします。

ぜひぜひ大切な方と
「(自分は)こんな事を不安に思っている。あなたは?なにを用意したり考える必要があるかな?」

 

なんて話したり考えたりしてみてくださいね☆
必ずあなたの安心に繋がるはずです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました