もう一人の自分と会話する


この記事は約2分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

自分が分からなくなった時・・・

そもそも、
分からなくなった時って

自分に余裕がないとき

ですので、なんだかモヤッとするなぁ
というならば
もう一人の自分と話してみませんか?
アヤシイ?
なら、、、
客観的にみるようにする
ってどうかしら(笑)

少し冷静になれるのじゃないかなと思います。

客観的にみるとは

でも、客観的って慣れるまでは結構難しい。

自分の中にもう一人作るっていう方法もあります。

私はそうしてます(笑)
今でもよく二人で会話してます。
自分を客観的に見る
一番簡単で、何の準備も必要ない方法だと私は思います。
人によってやり易い方法って違うかもですけどね。

二人で会話する

自分がなににこだわっているのか?

その会話で、色々分かるんです。

自分は何が嫌(不満)なのか
本当は何を求めているのか

もう一人は「なぜ?なぜ?」言ってるだけです(笑)
ひとりだと自分の外にしか思考が向かないですけど、
もう一人を作ることで自分の内側に向くから。
「答え」を導きやすいのではないかな~って思います。
セルフカウンセリングと言ってみたり。

こんな風に話していくと、
自分がこだわっていた事などに気が付くことが出来ます

一番の理解者に

もう一人の自分と会話することのなにが良いって
一番の理解者が出来るんです。

自分はたった一人だって孤独感
誰も自分を分かってくれないって孤立感
そんな時も一番近くにいてくれる。

もう一人の自分に
こんなことがあった、辛かったと話してください。
そして
もう一人の自分は優しくあなたを包みこむように話を聞いてあげればいい。

難しいというならば、
もう一人の自分像を
こうなりたいと思っている自分や
憧れの人を想像しながらやってみて!

私は猫のように自由に生きたいので、
にゃんの気持ちになって考えることもあります☆

「素直って?」猫になって考えてみる
「素直」って結構難しい。どういうのが素直だっけ?と分からなくなったら、猫になって考えてみるっていうのもアリですよ。

そんなの寂しいって?
孤独感や孤立感を感じている時に
起こす行動はうまくいかない時が多いので
自分の回復を優先した方がいいですよん。

 

あっと、もちろん口に出さない方がいいですよ。
私は口に出して、
前を歩いていた小学生に
「やっべ、後ろに変なのいる」
って顔されましたから…

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

もっと詳しく書いている記事がこちら↓になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました