「あきた」を「やりきった」に変えてみる


この記事は約2分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

自分でやろうと決めたはずなのに、なぜか続かない。
どうして自分はこんな自分なんだろう…

って責めたりしてしませんか?
責める必要なんてないんですよ。

私、攻略して達成した時の喜びとか大好き

例えば、
Excelで、こうしたい(ゴール)っていうのが決まっていて、そのゴールが困難であるように見えれば見えるほど、メラメラします。
ゴールを目指して、ああしたらいい、こうしたらいいって(笑)
失敗が喜びなんですよね。

あっマゾって事じゃなくて
「自分が思いつくゴールへの道」をひとつひとつ潰していく作業が好きなんです。

これはどうだ?これはどうだ?って
だって、残った道がゴールへの道のである可能性が高いから。
思いつく道が全部だめでも挫けないのです。今度はガンガン調べ始める。

 

で、本当に出来ない場合。

簡単に諦められるんですよ。
この「(好きなコトに)トライすること」が私は好きなんでしょうね。
これは、Excelだけでなく、様々なことに当てはまります(笑)

お稽古事とか趣味とかコロコロ変える事が多いんですよね。

ですので、情熱を持ち続けていられない自分を「飽きっぽい」と思ってきましたし、言われてきました。
その都度、責めてきた。

 

でも、今の勉強を始めて思ったのです。

あきる = あきらめられる

ってことだと。

 

自分は「もういいな」って思ったから興味を無くしたんですよね。
と、いう事は、

「やりきった」から「あきらめられる(あきた)」

って事なんだろうって。

 

そう!

続けられるってことは、諦められない、やり切ってないってこと

なんですよっ

だって大好きなものは、何年経っても何十年経っても好きなまんまなんですから。
続かないからって自分を責めなくていいって思いませんか?

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました