20歳を過ぎたら坂道を転がるよう?!

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

よく聞く
「20歳を過ぎたら坂道を転がるよう」

こんな風に思っていると
あっという間に…なりますよ~

今回は「時間の流れ」について

先ほど、従姉妹とこんな話をしました。

◆◆◆

(従姉妹)あぁ、もう一年の半分終わっちゃったね

(私)は?あと半年あるじゃない?

(従姉妹)だって、もう7月だって終わりだよ!

(私)えっ?まだ20日でしょう!

(従姉妹)よく伯母さんが言ってたよ。「ハタチを過ぎたら坂道を転がり落ちるようだ」って。最近よく分かる。あーまたすぐ寒くなるね。

(私)もう寒くなった時のこと考えてるの?もったいないね。

(従姉妹)もったいない?意味わかんない。

(私)今、せっかく夏なんだから、夏を楽しめばいいじゃない!夏に冬が来ることを考えるなんて時間がもったいないでしょ。今を楽しまなくてどうするのよ。

(従姉妹)…そんなもんかね。

◆◆◆

はい!どうでしょう?

「ハタチを過ぎたら…」

ってよく聞きますよね。
さらに、「意味わかんない」って最近よく言われる(笑)

さて、何がモッタイナイかって!

まだ7月20日なのに、「7月は終わった」と思ってしまっていること。
私たちって「終わった」と思ったものに興味が無くなるんです。
と、いう事は…
あと10日が無い日になってしまうんですね。

(あるのに見えない)

同じように、「夏」を見ていない。
今、夏なのに、「すぐに寒くなっちゃう」って・・・夏を楽しんだらええやないかい!
夏も冬も楽しんだらええやないかい!

今が7月なら、冬の事を考えずに7月を楽しんだらいいんですよね。
常に「今」を楽しむ
ですが、7月に「冬(未来)」の事を考えていたら楽しめませんよ〜

私たちは、過去や未来に囚われすぎて『今(現在)』を見ていないことが多いんですね。

20歳なら20歳の今を楽しむ
30歳なら30歳の今を楽しむ

未来を憂いたり、過去を引きずるのはハッキリ言って無駄です。

私は脳のしくみについて勉強を始めて
今本当に充実しています。
前は、時間がなくて、時間が過ぎるのが早くていつもイライラしていました。

「時間がもっとあれば、もっと色々できるのに」って、いつも思ってた。
でも、それは間違いでした。

時間は平等じゃないんですよ☆

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました