嫌なこと&体調の悪さが続くってときに『楽』になる方法①

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了し、こちらから確認できるようになりました。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

嫌なことがなぜか続く
ついでに言えば、、、
体調も良くない
って時にどんな風に楽になるか??!

サクッと対策して回復しましょ❤️

とかなんとか言いながら
体調悪かったのは私です(笑)

ということで、私がやっていた方法をお伝えします♪
気分が上がらないとか体調が悪い時に
素早く&プラス方面に回復する方法です〜

いくつかのポイントを何回かに分けてあげていきますよー

第一のポイント

まず、第一は

ゆっくり休む

はあ?当たり前じゃん??
っていう方もいらっしゃると思うのですけど・・・

この『ゆっくり休む』ってことをしない方が多い!!
というか、しないっていうより、できないって方も多い。

時間がもったいない
とか
休むくらいなら・・
とか
まだいける
とか
まだ頑張らないといけない
とか
甘えだ
とか
休んだって変わらない
とか言ってね・・・

休まないと・・・

はっきり言わせていただくと、、

なにをしたって休まないんじゃ意味なし

私たち人間には睡眠はとっても大切。
休息だけでなく、身体の調子を整えたり、頭と心の整理などなどたくさんあるんです。
それなのに、蔑ろにする&ついついしちゃうって方の多いことよ。

もちろん、
無理をして「眠らなきゃいけないっ」って眠ろうとしても難しいのはわかります。
でもね、寝ていなくても休んでいますか?

仕事をしていないのに、仕事のことを考えたり
会社の人間関係のことを家に帰っても考えたり

過去の失敗や誰かに言われたことを考えたり
お風呂やトイレ、はたまた食事をしながら布団に入っても、悶々と考えて
いませんか?

それじゃ、休んだことになりません。

こんな風に休もう

休みたいけど、休めないんだよっ
どうやって休んだらいいのかわからないっ

うんうん、こんなセリフ何度も聞いてきたし、私も思ってきた⭐︎

じゃあ、どんな風に休んだらいいのか??
それは、、、

自分は休んでいいんだ!って思ってる??

眠らないと体力がもたないから
時間だから眠らないと
面倒だけど
本当は休みたくないけど
自分は休むべきじゃないけど
休んでなんていられないけど

こんな風に思っていたら休んでいないのと一緒。

頑張るために
身体を整えるために
心を穏やかにするために

自分は休んでいいんだ!休むんだ!!
って許可をあげましょう。

あなたは休んでいい
あなたが休むことでなーんの弊害も問題もない
あなたが休むことにあなた以外の許可は必要ない

だからゆっくり休もう。
休んでいいんだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました