チャンスの神様は自分で招く

コーチ兼カウンセラーのみちです。
いつもありがとうございます。

“take the chance by the forelock”

よくいう「チャンスの神様は前髪しかない」って
「前髪しかないから、来るって思って待ってて、来たら急いでつかんでね。次は無いぜ?」って意味ですよね。

ゴールを設置して、「よっしゃ!こいやぁ」ってかんじ?
まぁ確かにね。
やりたいって思ったら、ガッと動いて、ガッガッと進むっていう感じかな?うーん。
まぁ、やりたくないならさっさとやめるっていうのもわかる。
自分の速度で動くのが一番のベストだと思うのですが、ずっと動いてなくて、不満たっぷりっていう場合は、イケイケーって思うけど

 

そもそも、
この私に、チャンスが一回しか無いなんてあるわけないでしょ?!
それに、くるときは早めに気が付くからそれから準備します。
つーか、私が掴むからつかめる速度でこいや!

ってスタンスでいいのだと思うのです(笑)
掴めなかったら、「ありゃ、いらんチャンスだったな」でいいんです。

チャンスが与えられるものなんておかしい。
チャンスは自分で創って、育てたり、まわりまわって戻ってくるもの。
チャンスの神様は自分で招けばいい。

全部自分が出発点。

そのために、自分の「心」と「頭(脳)」をシンクロさせておくっていうのがとっても重要なんじゃないかな。

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました