陰と陽をどうとらえるか

コーチ兼カウンセラーのみちです。
いつもありがとうございます。

目の前の事をどうとらえるか?で辛さも回復の速度もすべて変わってくる。
なら、楽にとらえましょうよ。
無駄に辛い思いをして、長引かせたいですか?

 

今日は中禅寺湖畔を歩いていて思ったことを少し(笑)
こんなに綺麗な緑の中を散策しました~

緑の中を歩いていると日向と日陰を交互に歩くことになりますよね。
その時に思ったのが

日向から日陰に入ると涼しくて気持ちがいい
日陰から日向に入ると暖かくて気持ちがいい
日向があるから日陰が恋しくなって
日陰があるから日向を有難いとおもう
ずっと日向だと疲れてしまう
ずっと日陰だと凍えてしまう
どちらかだけだと辛い環境ですよね

何だかこれって、私たちの進む道と同じだなって
自分が動けば環境はどんどん変わっていく
同じ場所に立っていたって、太陽の位置(外的要因)で変わってくるし

今を日向だと思うのか、日陰に思うのか
どちらが良いのか(楽なのか)なんて分からない
必要があってその環境にいると思うことで、
何かを得られることもあると思います。
まっもちろん辛い時がないと幸せになれないってことでもないのですけど。

 

あなたはそこにいることで、必ず何かを得ています。
その得たものをどう活かすかはあなた次第です。
どう活かしたいですか?

 


これなら『日向と日蔭』もないね
そう考えると、やっぱりすべて幻想なんだろうなぁ

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました