コンプレックスって・・・あなたの欠陥じゃない

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・

現在、このサイトをカスタマイズ中です。表示やリンクに不具合が出る場合があるかと思います。もう少々お待ちください〜

***

法人向けオフィシャルサイトから記事を移動してきています。新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグ更新記事から確認できます。
移動だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

「コンプレックス」ありますか?
私はたくさんありました。
最近は、何がコンプレックスなのか分からなくなってきたんですけども(笑)
嫌いにならなくていいんです!

あなたは、
コンプレックス(劣等感)= 欠陥

って思っていませんか?


あなたが思っている
コンプレックスは特性です。あなたがそういう特性なだけ
ですよ
それを欠陥だと決めたのはだれですか?
それは不変なものでしょうか?

 

平安時代は、オカメが美人 だったんです。
1192 鎌倉幕府だったんです!
(昔は、「いい国つくろう鎌倉幕府」って覚えたよね!)

強引ですが
あなたが思っているコンプレックス(劣等感)って
こんなものですよ。

時代が変われば、歴史のように「違ってくる」
辞書にのったり、授業で教えてもらったことさえ
こんな短期間んで変わるんですよ。
明日また、
オカメがスターダムにのし上がるかもしれないんです(笑)

コンプレックス=洗脳

だと私は思います。

~できないといけない?

んなわけありません!
そんな完璧な人間がいるか!
完璧な人間なんてツマラナイ!

「不完全な私」でいいじゃない?
そもそも完全である必要があるの?
完全であることに魅力があるの?

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました