大切な人に嫌われたかも…と思ったら


この記事は約2分で読めます。

働く方専門
あなたの『今』を変える
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

大切な人に「嫌われてしまったかも!」といったときの対処法です。

 

考えていただきたいのは
なぜ嫌われてしまったと思うのか?です。
できれば、紙に書いて一日寝かせましょう。

 

そして、
翌日見るときに他人が書いたものとして見てみましょう。

さらに、
【事実】【そうに違いない】に分けてみて下さい。

 

「そんな冷静になれるんだったら苦労しないわよ!」
って過去の自分から聞こえてきそうですが…
やるとかなり落ち着きます。

少なくとも他人が書いたものとして見ることで

「そりゃ嫌われるわよ」
「これじゃ嫌われないでしょう」を判断できると思います。

大概「これじゃ嫌われない」と思うはずです。
もし、「そりゃ嫌われるわよ」と思ったなら謝りましょう。

 

もし本当に嫌われた(許してくれない)のなら
もっといい人がいるということでもありますし、
どうしてもこの人が良いというならば
その人が成長して「よりいい男」になって戻ってくるということもあります。

 

さらに、
必要な関係なら、切れたと思ってもまた繋がります。

といいますか、
こちらが切らない限り絶対に切れません。
これは異性だけでなく、人間関係全般にいえます。

あなたの大切な人は、あなたが思っている以上にもっともっと広い心を持っているに違いありませんよ♪

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました