人前で話すのが大嫌いな「あがり症」のあなたへ

この記事は約3分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

人前に出るのは嫌い
人前で話すなんてもってのほか

なんて方いらっしゃるんじゃないかなぁ
そして
自分がダメだからなんだ…
って思ったりしていませんか?

ミチも本当に嫌い…いまだになれないよ

今回の盾と矛

自分を責めるところからやめよう

自分が悪いからだ…なんて思っていると、より自分を追い詰めちゃうよ

私は昔から人前に出るのが大嫌いでした。

さらに
前職が少々目立つ職務だったこともあり
そういうのが得意
&
目立ちたがり
だと思われて
押し付けられがちってことも
苦痛に拍車をかけました。

震えるし
頭が真っ白になるし
逃げたくなるし
いまだに嫌いですね。

嫌いなものを無理に好きならなくたって良いよ
ミチも苦手のままだもん

そんな私が・・・
あがり症のセミナーまでやれるようになったのです(笑)

どういうこと?
って思いますよね〜
それは、、、

自分を責めるのをやめて
カッコ悪い自分でもいい

って思えるようになったから

あがり症って
自分を責めるとより酷くなります。

それに
カッコ悪い自分が嫌だって気持ち
カッコ悪い自分を隠したいって気持ち
それに拍車をかける。

長くなってしまうので
今回は割愛しますが…

あがってしまう
緊張してしまう
のって
生存本能なのです。

サクッといえば
あなたを守るため』にそういう反応をしているんだ

だからこそ
より自分に負荷をかけるような行動
拍車をかけるだけなんですね〜

緊張して失敗
→自分を責める・カッコ悪い自分を否定
→また失敗するかもしれない
→より緊張
→失敗しなくてもダメ出し
↑へ

なーんていう
ネガティブループに突入!

周りの人はあなたが思っているほど気にしていないんだけど・・・

本人からすれば、そういう問題じゃないんだよねぇ

このネガティブループから抜け出すには?
こちらも簡潔にいきますが…

自分を責めるのをやめて
→挑戦した、それ自体を讃える
→できるだけのことはやった、頑張ったと自分を褒める
→これまでより上手くいったところを探し、以前より成長したと意識する
カッコ悪い自分でもいい

→言える状況なら「自分は緊張している」と伝える
→言える状況なら「不備があったらすみません」も伝えちゃう
→カッコつけたい自分を可愛いやつだと、自分に声を掛ける
→苦手なことに挑戦する自分てカッコ良すぎると惚れる

などでしょうかね!
あっあとひとつ!

緊張するのは
あなたがダメだからではなく

誰もが持っている
あなたを守る本能が
過剰に反応しているだけ

ありがてぃ
って意識すること☆

あがり症の私が
こんな風にケアしつつ
あがり症のセミナーをしておりましたよ(笑)

ミチのように、あがり症はメンタルケアで改善できるよ!でも好きか嫌いかは別問題☆
この対策を、まわりくどいと思うかもしれないけれど…あなた自身を守ろうとしている本能だから嫌わないでね

コメント

タイトルとURLをコピーしました