イライラから「やらかして」後悔したことのある人へ

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

なんでもないことですぐにイライラして
あとになって後悔…

なんてことを繰り返しているあなたへ

不快の原因になるもの

そもそも
イライラなどの不快感はどこからくるのか?
というと

今回の盾と矛

自分の流れを邪魔されたに(あなたの中から)わきでてくる

例えば
こうして欲しかったのにしてくれなかった
誰かの失敗の責任をおわされた
危ない運転をされた
待ち合わせに遅れてきた

などなど

思っていたものと違った場合
邪魔された場合

あなたの中から発生してくるものなんですね。

何かをされたからイライラしている【外的要因】のではなく、相手の言動がトリガーではあるけれどあなたの流れを邪魔されたから不快になった【内的要因】ってことだよ!

だから人によってトリガーになる原因や(怒りなどの)感情の大きさが違うよね

他人が要因であろうが
自分が要因であろうが
同じことでしょ?

って思うかもしれませんが
全然違います。

自分が要因ならいっくらでも対処できるでしょ?
これを知っているだけでイライラを減らすことができるよ

不快を減らすには

流れを邪魔してきた人が悪い!
そういう人とは付き合わないようにする
我慢すればいい

って避ける意識を持つのではなく

不快な気持ちを感じることが
「今好きな流れを邪魔されたってことか…自分の好きな流れって〇〇だったのかぁ」と
自分の心地の良い流れを見つけ出すためのイベントでしかない

って意識することが
イライラなどの不快な感情を減らすことにつながっていきます。

自分の中から発生したものだからこそ上手く使いたいよね

いつもイライラしている人は、言ってみれば赤ちゃんと同じ!大人になってからは体面のために取り繕ってるけど、赤ちゃんが思い通りにならなくて泣いているのと一緒なんだ

自分のことをコントロールできていない赤ちゃんです!って外にアピールしているのと一緒。そう考えると…ちょっと恥ずかしくなったよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました