もう振り回されるのに疲れたと彼から離れる前に

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

この記事は、他の場所に毎日掲載していた『失敗事例集(ビターなアクシデント)』で、こちらに移行してきた記事です。そのため他の記事と掲載方法等が違います。


たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開く
あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

彼のために考えているのに
彼のために行動したのに

もう振り回されて疲れてしまった
そんなあなたへ


これね、私にも経験があって
すごーく分かるんです(笑)

良かれと思ったことが全部裏目
彼はどんどん冷たくなるし
さらに切なくなって余計変な行動をしてしまう

最終的には
なんて最低な奴なんだって!
被害者意識をもつ(笑)

大先輩だぜ!

なぜこんなことになるのか?
それは

今回の盾と矛

相手次第で動こうとしているから、身動きが取れなくなる

彼はこう求めているだろう
これなら喜んでくれるだろう
っていう
(間違えている)
彼を主軸に考えている
から

本人は間違えているって気が付いていないので
彼が離れていくまで、いや、離れていっても気がつきません。

残るのは彼のためにやってあげたのに…ダメな男だっていう被害者意識

それに気がつくためには
あなた自身が自分を喜ばせているか?
彼が本当に喜ぶのはどういうことなのか?


ちゃんと考えること!

自分を喜ばせることができない人間が、他人を喜ばせられる訳ないのよ

嬉しくないことをされて『喜んで!褒めて!』って言われる&態度で示されるっていう彼の味わった苦痛に今さら気が付いたよ…申し訳ない気持ちです。

彼のためといいつつ、自分のため&自分のことばかりだったってことだね!

彼こそ自分が蔑ろにされているって感じるよね!そりゃ嫌がられるわ

コメント

タイトルとURLをコピーしました