だれかに嫌なことをされた・言われた時の考え方

この記事は約1分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

嫌なことをされて
受けてたつか
我慢するか…

あなたはどのような選択をしますか?


嫌なことをされた時に
真正面から受けてしまっているから
傷ついたり、モヤモヤしてしまう。

だから

今回の盾と矛

受け流すという選択肢があることを忘れない

受け流すなんてできない!!
という場合
それはなぜでしょうか?

相手に負けるような気がして『受け流せない』のでは??

そんな気持ちもわかります。
でも
明日命が尽きるとしたらその選択をするでしょうか?

そんな時は…
この出来事は自分の人生において重要か?たいした問題じゃではないよね!
と考えるとスルーしやすいよ

怒りや不満をぶつけてくるような人とは
争う価値などない

貴方の大切な時間とエネルギーは
あなたのため
につかいましょう!

嫌な奴は放置なの?って思うかもしれないけど・・・
そういう人からはどんどん人が離れていくし、幸せになりにくいってこと!自業自得でいずれ辛く悲しい人生になるってことなの。
なので、あなたは放置しても不幸せになるってことよ〜

そんなやつはあなたの人生から退場してもらおう!あなたの人生に必要ないよね〜
あなたはあなたの為になることを考えよう

コメント

タイトルとURLをコピーしました