欲しいものを見つけるために『なにを』を教えよう

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

お知らせ
現在、先着50名様限定のメッセージプレゼント企画を開催しています!あなたを苦しめる『罪悪感』を変換する方法をお申込みくださったあなただけに無料でプレゼント❤️ぜひ、コチラから手に入れてくださいませ♪

やりたい事、欲しいモノ、いずれこんな生活がしたい等々、それを手に入れるのに一番必要なもの。
それは、、、とりあえず、『なにを』手に入れたいのかを知る事です。

 

コーチングとはなんぞ?という根幹でもあるのですが、、
欲しいものを得たいなら、自分が何を欲しいのか知ることを一番先にすべきです。

私たち人間は、目的をもって生活していないと、ボーっとルーティンワークしかしないんです。
脳はサボる事(省エネ)ばかり考えていますので仕方がないのですけど。

ルーティンが悪いということではありませんよ。
日々こなさなくてはならないことは、ルーティンにして極力エネルギーを消費しないようにしてしまった方がいいですしね!
ですが、欲しいモノややりたい事というと話は別なんですね。
残念ながら、ルーティンからは、やりたい事は見つからないし探せないし見つからないです。

私たちの脳は『目的』をもって情報収集します。
ですので、私たち自身が得たいと思っているコト・モノを教えてあげないと見つけられないのです。
買い物をするときに買いたいものを頭に思い浮かべて探しますよね。
それと同じです。
なにが欲しいのか(目的)を明確にして探さないと見つかりません。

もし、自分は欲しいものを得られないんだ!って思ってしまっているなら。
ぜひ、自分が欲しいものはコレだ!と決めてあなたの脳に教えてあげて下さいね。
必ず見つけてくれるし、手に入れる方法を教えてくれますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました