話題の「終身雇用の継続は難しい」発言で不安を感じている人へ

この記事は約3分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了しました!新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグから確認できます。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

トヨタ自動車の豊田章男社長が、「終身雇用の継続は難しい」と発言し、ネット等で騒がれていますね。
この発言で不安を感じた場合…どう対処をすればいいのでしょうか?

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

終身雇用は無理

豊田社長は、5月13日の日本自動車工業会・会長としての記者会見で

「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」
「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」

と、発言し物議を醸しました。

私は、やっとはっきり言う様になったかと思いました。
そして、「今これを言う必要があった」という事なんだな、とも。
ネットを見ると様々言われているようですが…

政府が働いている人の『副業』を進めたり、雇用年齢を引き上げたりしているですから、こうなるはずです。
副業を進めるのは失業保険、雇用年齢の引き上げは年金のお金を払わない様にする為ですよね。
自分で稼いでくれってことでしょう?
国はもう面倒見切れませんよって言っているのだと思っています。
では企業は?
と考えても、国が面倒見切れないと思っているのに、一企業が面倒を見続けられるはずない。

なぜ今、この情報が出た?

そもそも、国からそろそろそういう発言を、とでも言われているのでしょう。
この発言は、豊田社長になんの得もありませんから、なぜ今言ったのだろう?と考えるべきだと思います。
情報の内容より、『なぜこの情報が今だされたのか?』を考えた方が有益です。

大企業に入れたから、これで一生安泰だ。
という時代は終わりました。

トヨタでさえ無理なんだから・・・
インセンティブ=国がお金出してよ。
いやいや
インセンティブなんて国も無理ですよ。
じゃあ終身雇用は終わりで良いですよね?
それじゃ仕方がないですね。
国だって、これまで副業の推進や雇用年齢の引き上げ、同一労働同一賃金等、色々やってきたしさっ
自分のことは自分でやってもらわないとっ
・・・なのでしょうね。

終身雇用は、これまでの大量生産、大量消費時代に上手くいっていた雇用形態でしたよね。
同じものを同じように作っていれば売れた時代。
でも今は、飽和している。
何か売れるのか?何が求められるのか?等を考えられる人が求められる時代です。
ロボットが出来ないことが出来る人間が求められます。

なぜ不安になったのか考えた方が不安じゃなくなるよ

と・・・不安になる話をしてしまっていますが…。

この豊田社長の発言で不安を感じてしまった方は、『なぜ自分は不安を感じたのか?』を是非考えていただけると良いなと思います。

感じた不安をそのままにしないで、
自分はなにに不安を感じたのかを見える化して、
その見えた不安に自分なりの逃げ道(対処法)を見つけてみてください。

こちらの記事も参考どうぞ↓

あなたが不安を感じたのは当たり前です。
未来へのあまり良くない情報を与えられれば、不安を感じるのは普通の事です。
あなた以外にも沢山感じている人がいます。
不安を感じさせた相手を攻撃したり、自分を隠そうするのは時間の無駄だしモッタイナイ!

感じた不安を敵にするのではなく、自分の気持ちを掘り出し、楽になる方法を見つけるツールとして使ってみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました