まず変わるには“外見・形”からはいる?

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了しました!新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグから確認できます。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

何かを始めるときに、外見から、形から入る?
変わりたいなら、まずは外見、形から?
よく聞く話ですが、本当にそうでしょうか。

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

ご質問

先日クライアント様からいただいた質問を
こちらでも共有させていただきたいと思います。

Q.よく何かを変えるときは外見から変えましょう。または、形から入りましょう。なんて言いますよね。それってコーチングからみてどうなんですか??

A.そもそも順番が逆です。
「何かを変えたい」、「はじめたい」という
内側の『変化を求める気持ち』が変えることにつながった
って事です。
内面に変化が無ければ、
外見を変えたり、何かをはじめる為に
形から入るという気持ちにならないからです。

気持ちに変化が出たから、形に現れ始めた

資格を取得したい(自主的に)
髪を切りたい
部屋の模様替えをしたい、引っ越したい
お財布を変えたい
 等の

「何かを変えたいという欲求」は
内面に変化があったことを示している
と言われています。これまでの自分とは違う自分になりたい!という
あなた自身からのメッセージかも。

ターニングポイントかも

そんな時は
自分からのメッセージに従ってみるのも面白いですね。

後から振り返ってみたら、
あの時がターニングポイントだった!
(変えることを)決断できたことがエネルギーになった!

なんていう事があるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました