「オン」と「オフ」疲れとのつながり

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・

現在、このサイトをカスタマイズ中です。表示やリンクに不具合が出る場合があるかと思います。もう少々お待ちください〜

***

法人向けオフィシャルサイトから記事を移動してきています。新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグ更新記事から確認できます。
移動だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

あんなに躍起になっていた「オン」と「オフ」の切替え。
最近になって、やっと、そもそも、そんなものは必要ないんだとわかりました。

 

さて、8月に入りましたね。
8月といいますと、今月末で会社を辞めて1年が経ちます!

随分前から気が付いてはいましたが、「まだ1年しかたってなかったのか」という印象です。4,5年たった気がしています。
一年前のブログも懐かしさを感じますね(笑)

それでは、一年前を思い出しながら思ったことを
前に記事にしたことがあったのですが「オン」と「オフ」の切り替えについて思い直したことがありました。

仕事をがむしゃらにやることで隠していたもの
会社の人と話していたら 「俺はオンオフの切り替えが上手くできないから、ずっとオン」 って言っておりまして・・・モヤリました

 

最近の私は、ずっと「オン」でもあり「オフ」なんです。
昔はずっと「オン」だったので辛かったのですよ、休みどころが分からなくて。

で、辞める前に
自分で「オン」を「オフ」に切り替えられるようになったんです。

そして現在、
「オン」も「オフ」もなくなりました。
ずっと「オン」ということでもなく「オフ」ということでもない。
自分の意志で切り替えている訳でもない。
「オン」のエネルギッシュさ「オフ」の余裕(穏やかさ)
を併せ持った?って感じでしょうか(笑)

 

やりたいことをやっていると疲れないというのは、これか・・・( ゚д゚)ポカーン
と、やっと腑に落ちたのです!!
これか!これだったのか!と悶絶しました(笑)
知識だけじゃなく体感も必要ですね。

 

オンオフのメリハリ、切り替え
なんて必要なかったんだ。
そんな事に気づかせてくれた、
また一つ理解を深められた、過去の自分に感謝です。

常に考え、腑に落とし自分のものにしていく。
まだまだ学んでいかなくては!
さらなる学びへの意欲が刺激された機会となりました。

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました