オンとオフの切り替え

コーチ兼カウンセラーのみちです。
いつもありがとうございます。

会社の人と話していたら
「俺はオンオフの切り替えが上手くできないから、ずっとオン」
って言っておりまして・・・モヤリました

なぜ、モヤッたのかというと。。。
昔の私もオンオフの切り替えができなかったから(笑)

 

その時の自分をみると
●家でも仕事をする私
そうしないと認められないと思っている

●見えないところで努力する私
そうしないと…(同上)

●みんなが遊んでいるときに仕事をする私
そうしないと…

●仕事が早い私
そうじゃないと…

●忙しいねって言われる私
必要とされる私じゃないと…

●言われた仕事はすべてこなせる私
⇒出来る私じゃないと…

今の私から見ると
こんなに自分を痛めつけながら、よく頑張ったなぁ・・・

見るところは、認められるために、人より頑張る私
ではなく、
がむしゃらに働く自分をとおして何を見ていたのか
って所です。

それが見えてしまったら、自分を痛めつける必要なんてないって、思えるんだと思います。

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

「オン」と「オフ」疲れとのつながり
あんなに躍起になっていた「オン」と「オフ」の切替え。 最近になって、やっと、そもそも、そんなものは必要ないんだとわかりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました