チャンスをつかむために

この記事は約1分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・

現在、このサイトをカスタマイズ中です。表示やリンクに不具合が出る場合があるかと思います。もう少々お待ちください〜

***

法人向けオフィシャルサイトから記事を移動してきています。新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグ更新記事から確認できます。
移動だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

自分にはチャンスなんてそうそうこない
自分だってチャンスさえくれば

なんて思ってしまってはいませんか?

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

誰にでもチャンスは訪れている

チャンスはすべての人に同じように訪れると言われています。

では自分はチャンスをつかむ能力がないということか
やっぱり成功する人はチャンスがつかむ才能があるのか

などという事も一切ありません。

何が違うのか?
それはチャンスを認識できているかいないかです。
もっと簡単にいえば、
チャンスをチャンスだと見えているか見えていないかの違いです。

チャンスに気づくには?

ではどうしたらチャンスを認識できるようになるのか?

それはゴール(欲しい未来)を設定することです。
自分の欲しい未来が明確になっていないと、
その欲しい未来へのチャンスが認識できないからです。

チャンスを掴みたい、成功したい
だけでなく
こういう仕事がしたい、周りの環境に恵まれたい、幸せになりたい
と思う場合も同じです。
欲しい未来を掴むためには、何よりも先にどんな未来が欲しいのか?というゴールを設定することが先です。

あなたも「どんな未来が欲しいのか」を決め、掴み取りましょう。

タイトルとURLをコピーしました