石橋を叩いて叩いて、爆破する

コーチ兼カウンセラーのみちです。
いつもありがとうございます。

リスク管理って会社でよく言われるけど、間違えると「不安」を増幅させ、そちらに向かっていってしまいます。
必要以上に「不安」や「恐怖」を煽ることは邪魔になるだけで、何の役にも立たないんですね。

 

今日は「リスク管理」について書きたいと思います。
あっと!「読むの止めた」と思ったあなた!
そんな真面目なこと私が書くわけないでしょう☆結局はワタクシの失敗談ですので笑って読み進めてね。

 

私は、今の会社に入ったくらいのときに
「いつもリスク管理をしておく事」と言われました。

何故かと聞いたら
「いつも悪い方に行くことを考えていたら、その通りになったら通常。良くなったらラッキーになるから」

また
「悪い方に考えておいて、その時どうするか?を考えておけば、スムーズに対応できるから」

って事らしいです。

その時は、「なるほど!深いな!ふむふむ」って素直に信じました。
そして、実行していたんです。ほんと素直だわー♡

 

そうしましたら、「通常」と考えている「悪い方」に大概いくんです。
さらに、日常的にそんなことを考えていると、「通常(悪い方)」の種類を増やしていくんですね。

当時は「いやー悪い方に考えててよかったぁ」と、なり「悪い方の対応をもっと考えた方が安心かも♥」って、なったんです。
そうして悪い方のゴール(目標)達成力に磨きがかかっていくんです!

安心を得たつもりが、さらなる不安を創作しているんですよ!

おそろしや

今考えれば、
悪い方(叶ってほしくない方)を、長い時間・強く思って(ゴール設定して)いるから、悪い方が叶い易いよね。
って分かるんですけど(笑)

 

石橋をめちゃめちゃ叩いて
これでもかって更に叩いて
「こんなに壊れないなんてオカシイ!ヤバいぞこの橋!」って疑って
最終的には爆破するんです 発破ぁー

で、

「ほらみろ、壊れたじゃないか」って安心する(笑)
そして、めちゃめちゃ疲れているんです。
更に、対岸に渡れないってオチ

石橋をサクッと渡ってしまっていたら、対岸でとっくにランチして昼寝しているかもしれないのにね☆

 

ここまで書いといてなんですが、、、何が言いたいかと言いますと。

余計なこと考えないでやっちゃえばいんじゃないの?やりたいんでしょ?
対岸に渡りたいんなら、さっさと橋を渡って、楽しんじゃおうよ♡

って事なんです。

 

あと、リスクを認識しておくことは重要だと思うんです。
石橋でいえば、渡っているときに壊れたらどうするのか?を先に考えておく。

恐怖に支配される前に「どうなれば怖くないのか?」を考えてしまいましょうね。
昔のみちさん(笑)

【この記事は旧Blogから転載した記事です】

コメント

タイトルとURLをコピーしました