周りの人に対して「使えないな」って思ってしまったら

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

周りの人に対して
ダメ出しをしてしまったり
イラッとしてしまったり、、、

ついつい・・・ね?

実は、この苛立ちは目的があってでてきたんです。

みちもよーく思っていたよ

今回の盾と矛

自分はどう動いて欲しいと思っていたんだろうと考えてみる

相手の言動にもやっとした時って、相手に苛立ちを向けてしまいがちなんだけど、そうじゃないんだよね

周りの人を
「ダメだな〜」って思ってしまうのは
本当に『ダメな人だ』って思っているのではなく

あなたの中で思っていたのと違ったから

相手が悪いんじゃなくて、あなたの中で『こう動いて欲しかった』というのと相違があったということ

例えば

こんな風に
動いてくれるだろう
やってくれるだろう
結果を出してくれるだろう
静かにしてくれるだろう
楽しませてくれるだろう

などでしょうかね。

なので、周りの人にもやっとしたときは
自分はどういう状況を求めていたのかな?
って整理してしまうといいですよ〜

そうすると
周りの人に苛立ちの少なくなるし
あなたの求めるものが分かりやすくなりますのでね❤️

結局あなたが『欲しいものを得るため』の下準備だったわけだね!
うまく活用していこう☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました