【お金の悩み】周りの人と収入を比べてしまって辛い

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

あの人はあんなにもらっているのに自分は、、、
あんな家に住めていいな
あんな生活ができていいな

なんて考えてしまって苦しい。
あなたを責める必要なんてないよ〜

自分を責めてもいい方には向かないよ

どうして、収入やお金にこだわってしまうのでしょうか?
もちろん、生活のためには必要ですが、、、

実はこだわってしまう理由があるんです。
それは・・・

今回の盾と矛

自分の価値に一番結びつけやすいのがお金(収入)だから

お金は、目に見えて分かりやすく、そう考える人が多数だしね〜

だから、「自分は価値がない」「誰にも必要とされない」と思っている人こそ、お金に拘るんだ

こう思っている人がお金を稼ぐと『選民意識』を持ちやすいよね

お金を稼ぐことのできる自分=価値のある人間
だと思っているってことですね。

↑こちら
分かりやすいですけど、リスクがある考え方なんです。

お金を稼ぐことができなくなった途端、価値のない人間に転落してしまうから。
そうなってしまうのが怖くて、必要以上に無理をしたり、変な方向に行ってしまったりね。

今回は一番分かりやすい『お金』に例えたけど、『権力や肩書き、容姿、体型など』も同じだよ

忘れないでいただきたいのは

お金があろうがなかろうが
誰かに必要されようがされまいが
価値があるないを考える必要なんてないんです。

あなたの価値は
もうすでにあって
なににも脅かされない

「私は存在しているだけで、十分に価値があるんだ」ってあなた自身に言い聞かせてあげてね。
そうすることで変わってくるよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました