嫉妬してしまう自分が嫌い

この記事は約1分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

たくさんの失敗をして、諦めることに慣れてしまっていた。

そんな私が失敗経験(ビターなアクシデント)からみつけ出した、今をよくする『盾と矛』を短めにピックアップしていきます。
盾で守り、矛で切り開くあなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

幸せそうなあの人に、
楽しそうなあの人に、
嫉妬してしまう自分が嫌い!

嫉妬はネガティブに捉えなくていいんですよ。

わかる!ミチも嫉妬してたもんね

実は、嫉妬は嫌がらなくて大丈夫なんです。
なぜなら

今回の盾と矛

自分の現在の状況に対して『こんなはずじゃない』って気持ちが出てきただけ

誰かを羨んで嫉妬しているっていうより、『あなたが本当に欲しいものが分かりかけてるってことなんだよ

これ!これ!コレが欲しいの!!っていう心の声だね

嫉妬っていうのは
あなた自身をあなたが諦めたくないから
湧き出ている感情なんです。

自分を諦めているなら
他人に嫉妬さえしないですよね!

だから
嫉妬っていう感情を嫌わなくていいし
嫉妬してしまう自分を嫌いになる必要もない
んですね〜


嫉妬をしてしまっているなって
思ったら

あなたと相手を比べているのではなく、

本当はこうなっていたい
本当はこれが欲しい

っていう
自分が得たい姿が見えているだけ

というように
考えを変えてみませんか?

ね?
あなたを責める必要なんてないでしょ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました