「悪いことが起きるのは普通のこと」って意識があなたを救う

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

ポジティブでいれば
〇〇でいれば
幸せなことしかない
悪いことなんて起こらない
って考え方
危ないですよ〜

今回の盾と矛

どんな人にだってネガティブな出来事は必ずおきる

いい感情でいれば悪いことは起きないって勘違いがある場合があるよ
ネガティブなことが起きないはずないでしょ?

事故や病気
とまでいかなくても
ちょっとした
ネガティブな出来事は
必ず起きる
んですよ。

いつも楽しそうに
いつも幸せそうに
している方いますよね。
そういう方はどうなのか?

それは

良い悪いをわざわざジャッジしない

ただただ
一つの出来事として受け入れている。
だから
たいしたことじゃない

出来事に毎回意味づけをしてないんだ
被害者になってないっていうかな

自分が原因でネガティブなことが起きたって考えはやめよう

ネガティブが嫌だ
嫌なことは起きてほしくない

って思っていると

いざ
そんな出来事が起こると
慌ててしまうんですよね〜
余計に不安になってしまったりね☆

どうして自分ばかりこんな思いをしなくちゃいけないの??
なにか私がしたの??

なーんて自分を責めたりね。
辛いだけなんです。

生きていればネガティブなこともある。でも、それはみんな一緒。
ただ、どんな風に捉えるかで気持ちが変わってくるんだ。
自分を責めなくて良いよ☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました