あなたの人生の『主人公』なのに『脇役』を演じていますよね?!

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、毎日8時掲載をしています(直接新着記事一覧へいく場合はこちら)明日もきてね!

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

だれもが「自分の人生の主人公」って言うけれど、
自分は主人公になれたことはない!
なれないんだ!

って思うあなたへ

素敵な人とか目立つ人は主人公って思えるだろけど、自分のような人間が主人公だなんて・・・ってミチは思っていたよ

今回の盾と矛

どんな役柄を演じるか自分で選んでる

自分を『主人公』に思えないなら、そういう脚本の『主人公』になることを自分で選んでいるってこと

自分は冴えない脇役だ
主人公になんてなれない

うんうん、私も最初はそう思いました。

だって
上手く行かないし
イヤな人が周りにいて辛いし
なにひとつ楽しいことなんてない
全然幸せになれない!

なんて思っていましたからね(笑)

でも
ちょっと見方を変えると
「ああやっぱり主人公だったわぁ」って思えちゃう
んです。
そうすると〜

色んなことが
変わってくるのでオススメです☆

どんな見方をするかというと・・・

あなたの人生の主人公になれるのはあなただけ

脇役にしか見えない主人公を演じているのはあなた
あなたより主人公に見える人は、あなたの人生を盛り上げるエキストラ

脇役から抜け出したいなら、あなた主体的に選んでいけばいいんだよ

紆余曲折、山あり谷ありな人生なのは、あなたが飽きないように自分で脚本したからって目線でみると、、、
その脚本もいつでも変更していいってことが分かるよね

私も脇役演じてたな〜
ってガックリした記憶があります。

主役なのに脇役に憧れがあったのかしらん
なんて軽ーく考えて
主人公に戻りましょ❤️

さっ『あなたの人生の本当の主人公』が戻ってきたよ!どんな内容にする?

コメント

タイトルとURLをコピーしました