不安は『あなたの生きる力の強さ』のバロメーター

この記事は約2分で読めます。

心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。
いつもありがとうございます。

現在、月・木の朝8時に新規掲載をしています【新着記事一覧へ】また、定期的に既存記事の更新更新記事一覧へ】もしているので、そちらもぜひどうぞ〜

これまでの私の失敗や学びの中で、これは知っておくとこの先ラクだよね!というものを少々スパルタ気味にピックアップしていきます。
私が何度も転んで気がついた『盾と矛(守りながら切り開く方法)』です。あなたも使えそうだと思ったら是非ご活用くださいね。

いつも現れる『不安』
イヤですよね〜
かと言って、見ないフリも放置もできない。

なら、味方にしちゃいませんか!

無くならない不安なら上手く扱いたいよね

不安を感じたら

今回の盾と矛

私は今、変化しているんだな」って捉え直すスイッチ

と考えるといいですよん

「不安」っていつもと違うことが目の前にあるから湧く気持ちだだからね〜もっとより良く生きていきたい思いから湧き出ているんだよ

ある意味、不安は『あなたの生きる力の強さ』のバロメーター(指標)なの。
不安が強い人ほど、より良くいきたいって気持ちが強いってこと!
そう考えると、不安も悪くないかもって思えるでしょ

不安を放っておくとろくなことがないんですよね〜

でも
不安になるのは止められないし
隠しても意味なし!

だったらどうする?

それは・・・
不安な気持ちを感じた自分をフォローしてあげる
必要があるんですね〜


私たちは
いつもと同じこと
想像どおりな出来事には
不安を感じません

そう、不安を感じるのは
目の前にいつもと違うことがあるから

そして
そのことに
対応するために
より良く生きるために
フル回転しているところなんです。

ここで不安のままだと、頭の動きが鈍って自分の足を引っ張っているのと一緒だね

切り替える方法は簡単です

変化中だから不安を感じているんだな

というように
『不安』をネガティブな感情ではなく、ただの『変化している』ことを知るためにスイッチとして捉える

ちゃんとフル回転できるように、『不安』を『変化中』に切り替えてあげよう

私たちの感情は
全てどう捉えるか

変わってきます。

どんな風に『あなたの感情』を捉えたい?

コメント

タイトルとURLをコピーしました