楽になるためのセルフコーチング:2-自分が考えていることを知ろう-

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了しました!新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグから確認できます。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

前回のセルフコーチング1では、「自分を否定しない」という事をお伝えしました。
しかし、どうやったら否定しなくなるのか?
簡単な方法をお伝えします。

[法人サイトの記事を移転(お固めの記事あり)]

自分がいつも考えていることは?

それは・・・
自分が日々何を考えているのかを認識することです。

そこでおススメなのが、日記をつけることです。

しかし、普通の日記ではなく書くことは「いい事」「新たな経験」等です。
ちょっとしたことでいいので、毎日書きます。
ルーティンワークをいつもより早くできた
苦手な上司と無理なく会話を楽しめた
同僚からもらったお菓子が美味しかった
 等でかまいません。

失敗したことしか思いつかないという場合は、失敗したことでもいいです。
その際は、「次はどうしようか?」とあわせて考えみるのもいいですよ。
失敗は『こうするとこうなる』というただの記録だからです。

嫌なことしか思いつかないという場合も書いても大丈夫です。
その時は、「なぜ嫌だと思ったのか?」も書きだしてみてくださいね。
自分がどんなことに対して嫌なな気持ちになるのかを整理することも大切ですよね。

さらにオススメなのが、
あいているところに
あなたが「もっているもの」を思い出しながら書いていくことです。
こちらもどんな些細なことでも構いません。
ヒト・モノ・環境・経験等、必ずありますので見つけてみてくださいね。

私たちの恐怖は『不足感』

私たち人間は「不足」していることに恐怖を覚えます。

その恐怖がストレスとなり、あなたのエネルギーを奪っていきます。
それなのに私たちは、いつも自分にダメ出しをして無駄な「不足」を感じてしまっています。
もったいないですよね。
自分を否定し、やる気まで失ってしまうなんて!

日記を読み返していると
「自分もできてるじゃない!」
「結構色々持っているな!」
という事に気づくと思います。

いずれは、
そんなノートがなくてもいつでも思えるようになってきますが…
まずは、目に見えるように書きだしてくださいね。

「やる気」を失わないためにも
自分を傷つけないためにも
あなたが持っているものを見つけていきましょう。
ないと思っているのはあなただけですよ。

タイトルとURLをコピーしました