会議中、誰にもバレずに目を覚ます方法

この記事は約1分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了しました!新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグから確認できます。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

眠くて仕方がないって時ありますよね。

睡眠不足、お昼を食べてすぐ、ぽかぽかの午後、生産性のない会議、、、
そんな時の目の覚まし方。

この記事はAmebloにも引用で掲載しています

簡単にまとめると

今日は、簡単に目を覚ます方法です(笑)
眠い時は何をしても駄目って思っていませんか?
ちゃんと方法はありますよ~

まぁ私としては、眠い時は、寝てしまった方がいいと思うのですが、、

それが難しい時もあると思いますので、
簡単に、そして、誰にもバレずに目を覚ます方法をお伝えします。

『吸う』を長くした呼吸をしよう

ちょっと詳しく

眠気を覚ますには~深呼吸!
それも、吸うのを長く、吐くのを短くする深呼吸です。

例えば、息を8秒で吸って、4秒では吐く。

というやり方です。
どうでしょう、簡単でしょ?

息を吸う時は、身体に力が入ります。
そして、
交感神経が優位になるんです。

交感神経は、簡単にいえば身体に活力を与える(緊張させる)神経です。
さらに、脳に沢山の酸素が行きますから、頭はクリアになりますよね!

ぜひぜひ
ああぁネムイ、でも、寝てはいけない、、
という時に使ってみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました