眠りたいのに眠れないっ何も考えずに眠りたい!ってとき

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了しました!新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグから確認できます。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

眠りたい!何も考えずに!

うんうん。
疲れているとそうなりますよね!!
そんな時にすぐにぐっすり眠れる方法です。

この記事はAmebloにも引用で掲載しています

以前、

こちらでも、眠れない時に眠れる方法を記事にしました。

でも、何も考えずに眠らせてぇって時も、、ありますよね。
そんな時の方法です。

『吐く』を長くした呼吸をしよう

ちょっと詳しく

昨日のコチラの記事

は、起きる方法でした。

そう!
この反対をすればいいのです。

昨日お伝えした方法も深呼吸でした。

今度は、
吸うのを短く、吐くのを長くする深呼吸です。

例えば、息を4秒で吸って、8秒で吐く。
というやり方です。

息を吐く時は、身体から力が抜けます
そして、副交感神経が優位になるんですね。

副交感神経は、
簡単にいえば身体にゆるみを与える(リラックスさせる)神経です。

何度か繰り返すうちに、身体から余計な力抜けてきます。

気がつないうちに入ってしまっていた無駄な力が抜けて、
余計なことも考えず眠れますよ〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました