どうしようもなく疲れたって時は

この記事は約2分で読めます。

今までどおりが嫌な人のための
今を変える
『方法論』
心理カウンセラー兼コーチの高橋みちです。

いつもありがとうございます。

 

本編に行く前に・・・
法人向けオフィシャルサイトからの記事移転が完了しました!新着記事で上がらないのですが、旧法人サイト記事タグから確認できます。移転だけでなく少し手を加えていますので、是非どうぞ〜

私たちも人間ですから、どうしようもなく疲れたときってありますよね。
でも、身体の疲れは眠れば回復しても、気持ちの疲れはそう簡単に回復しないことも多いです。

そんな時はどうするか・・・

この記事はAmebloにも引用で掲載しています

簡単にまとめると

仕事から帰って「はぁ疲れた」
朝起きて「はぁ今日も会社か」

分かります。
私もそんな生活をしていました。

アラームでなーんにも考えなくていい時間を作ろう

ちょっと詳しく

身体は眠れば回復します。
でも、気持ち、、、というか精神上の疲れって寝ても回復しない事が多い。

なぜって、夢の中でも追われていたりするから。

それに、

休みの日でも会社のことや嫌な事を思い出すので、頭は休めてない

ではどうするか・・・・

でも使いましたが、アラームを使います。

どこか静かなところにいって、アラームが鳴るまで何も考えずボーっとする。

私のオススメは、公園にいって噴水か木を眺めることです。
川や海とかもオススメですよ。

ぼーっとするのに慣れてきたら、アラームをかけなくても良いと思います。
思いっきりボーっとしましょう。

怪しまれるのが嫌だと思うなら、
車の中やカフェでぼーっとするでも良いと思いますよ。

時間がモッタイナイ??
その考えが疲れの素だとご理解くださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました